新垣結衣画像
新垣結衣画像
新垣結衣画像
新垣結衣画像

2007年05月16日

舘ひろし&新垣結衣が父娘役で初共演

舘ひろし(57)と新垣結衣(18)が、7月1日スタートのTBS日曜劇場「パパとムスメの7日間」(日曜午後9時)で父娘役で初共演することが14日、明らかになった。パパと娘の中身が入れ替わってしまうホームコメディーで、舘のギャル言葉、新垣のおやじ言葉など、おかしな場面も見どころとなる。「実は高校生には腹が立つ」と苦笑いする舘と「想像がつかない」と語る新垣の変身ぶりも話題になりそうだ。
 ドラマは、16歳女子高生と、さえないサラリーマンの47歳パパの体と心が入れ替わったことから起こる7日間のてんまつを描く。娘の体になってしまったパパは、今どきの高校生のおませな青春にハラハラの連続。パパの体になった娘は、サラリーマン社会でドタバタの連続となる。互いの世界を体験し、距離のあった父娘関係と「家族」を見詰め直していく。
 人格が入れ替わる設定のため、舘が職場で「チョーうざいんだけどぉ」などのギャル言葉を発したり、新垣が手刀を切って「なるはや(なるべく早く)で」とおじさんしぐさをするなど、おかしな場面も多く飛び出す。津留正明プロデューサーは「トイレやお風呂でのドタバタなど“入れ替わりドラマ”で欠かせない要素は期待に応えたい」。入浴シーンでは、パパに乗っ取られたボディーを見られたくない娘の苦肉の策も飛び出す。一見、父親が娘の体を洗っているように見えるなど、コメディー要素が満載だ。
 「実は高校生ってあんまり好きじゃないんですよ。本当に腹が立つ」と笑う舘は「大人は世の中のしがらみをかみしめて生きているのに、表面だけとらえてハッキリ言う権利が若い子たちにはあるのかと。おれは若い子の気持ちなんて分かりたいとも思わない。お嬢さんたちもおやじの気持ちを少しは分かれよ」。ドラマを通して、そんな自分の気持ちがどう変化するのか楽しみとし「撮影が終わるころには、若い子じゃなきゃダメ、となっていそうで怖い。今は渋谷で高校生の話を聞きたい」とやる気をみなぎらせている。
 新垣は「姿は女子高生でも中身はお父さん。まったく想像がつかず不安もありますが、普通じゃない物語な上にコメディーなので、どんなドラマになるのかとても楽しみ」と役作りを始めている。原作は五十嵐貴久氏の同名タイトル小説。    (引用 YAHOOニュース



すごく面白そうなドラマになってますねわーい(嬉しい顔)
難しい役、ガッキーの演技に期待ですね
exclamation×2
posted by kiki at 10:40| 日記 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

広告


この広告は60日以上更新がないブログに表示がされております。

以下のいずれかの方法で非表示にすることが可能です。

・記事の投稿、編集をおこなう
・マイブログの【設定】 > 【広告設定】 より、「60日間更新が無い場合」 の 「広告を表示しない」にチェックを入れて保存する。


×

この広告は1年以上新しい記事の投稿がないブログに表示されております。